スポンサーリンク

インストールについて

  • インストールは「GesPlayer.zip」を解凍して、適当なフォルダにコピーしてください。
  • バージョンアップは「GesPlayer.zip」を解凍して、既存のフォルダにすべて上書きコピーしてください。
  • アンインストールはフォルダごとゴミ箱に捨ててください。関連付けとコンテキストメニューの設定を行った場合は解除してから削除してください。

※Windows XP SP2 以降では、インターネット上からダウンロードしたファイルに、ZoneIDというセキュリティ情報が付加されるようになり、この情報がchmファイルに付加されると、セキュリティが働いてヘルプが開けなくなることがあります。この症状は、ZIPファイルの解凍にエクスプローラの「圧縮フォルダの展開ウィザード」を使用した場合も同様に発生します。ヘルプが開けない場合は「GesPlayer.chm」ファイルを右クリックして「プロパティ」を選択し、「ブロックの解除」ボタンをクリックして「適用」ボタンをクリックしてください。詳しくはマイクロソフトサイト「HTMLヘルプファイルを開けない」をご参照ください。

コーデックについて

Ges Playerはコーデックをインストールすることによって、様々な動画形式に対応できます。DivX、Xvid、H.264、FLV、MP4、MKV、OGM、RM、MOV、TS、APE、WV、FLAC、M4A等々の再生を行いたい場合は、コーデックページを参考にして、コーデックのダウンロードとインストールを合わせて行ってください。

ダウンロード

ファイル:GesPlayer.zip (約1MB)

inserted by FC2 system