このソフトウェアについて

Tray Volumeはタスクトレイに常駐して音量を監視、調整するソフトです。タスクトレイアイコン上でマウスホイールを回転して音量を調整することができます。設定次第で、タスクバー上、デスクトップ上、画面隅でマウスホイールを回転して音量調整することも可能です。音量バーを備えているので、Windows標準の音量アイコンの様に使用することも可能です。アイコンをカスタマイズする事で、自分好みのアイコンに変更することができます。

Classic Luna Aero TV

主な機能は以下のとおりです。

  • マウスホイールを使って音量調整
  • キーボードから音量調整
  • タスクトレイメニューから音量調整
  • 音量バーから音量調整
  • 音量の状態をタスクトレイアイコンに表示
  • アイコンのカスタマイズ
  • 起動時の大音量防止機能

対応環境

Windows NT系 (NT/2000/XP/Vista/7/8/10)

※主な動作チェックはWindows XP 32ビット版、Windows 10 64ビット版で行っています。
Windows 9x系でも一応動作はしますが、マウスホイールによる操作が行えません。

使い方

TrayVolume.exeを起動して、タスクトレイアイコン上でマウスホイールを回転すると音量調整できます。ホイールクリックするとミュートになります。左クリックすると音量バーが表示されます。右クリックするとメニューが表示されます。

操作

バージョン情報

ver.1.4.8(2017/04/12更新)

  • Windows 7 以降でホイール操作時に処理時間がかかるとフックが解除される問題を対策
  • Windows 10 のタスクトレイの通知ウィンドウに対応
  • Windows 10 のキー設定画面で Shift キーと Ctrl キーが設定できない不具合を修正
  • Windows Vista 以降のボリュームバーの色を白に変更して影を表示しないようにした
  • 音量バーのつまみをクリックした場所に移動するように修正
  • ツールのファイルパスにコマンドライン引数を指定したときにツールが起動できなくなる不具合を修正
  • ボリュームバーを表示するときアニメーション表示をしないように変更

ver.1.4.7(2012/11/27更新)

  • Windows Vista 以降で [システム終了時に音量をリセット] を有効にするとシャットダウン時にエラーダイアログが表示される不具合を修正

ver.1.4.6(2012/11/26更新)

  • Windows Vista以降でミュートが正しく行えない不具合を修正

ver.1.4.5(2012/11/25更新)

  • 規定のデバイスを変更したとき操作が出来なくなる不具合を修正
  • オプションのアイコンリストを見やすくした
  • ボリュームバーに影を付けた
  • ボリュームバーを表示するときアニメーション表示するようにした(Windows XP以前)
  • Escキーでボリュームバーを閉じるようにした
  • オプションとバージョン情報を表示したときにタスクボタンを表示するようにした
  • マウス設定時の警告メッセージが表示されるタイミングがおかしかったので修正
  • WindowsのDPIを変更したときに一部のコントロールの配置がおかしくなる不具合を修正
  • Windows Vista以降でオプションでAltキーを押すとコントロールが表示されなくなる不具合を修正

ver.1.4.4(2011/12/7更新)

  • オプションを閉じなくても設定が反映されるように「適用」ボタンを設置
  • ホットキーで「Alt+Tab」等の一部の特殊な組み合わせが設定できない不具合修正
  • 「キーボードを有効」の設定が保存されない不具合修正
  • ミュート時のアイコンを音量別に表示できるように改善(ファイル名の仕様を若干変更。詳しくはヘルプ参照)
  • エクスプローラが起動していないときにデスクトップのマウスホイール操作が機能しない不具合修正
  • ホイールの範囲を「タスクバー」に設定したときトレイ領域でホイールクリックすると正しく動作しない不具合修正

ver.1.4.3(20011/12/04更新)

  • メニューに「キーボードを有効」アクションを追加
  • メニューに「マウスホイールを有効」アクションを追加
  • 二重起動時にオプションを表示するように変更
  • オプションを表示した状態で再度表示するとホットキーとマウスホイールが機能しなくなる不具合修正

ver.1.4.2(2011/12/01更新)

  • ホイール範囲の「アイコン」にチェックを入れた状態だと「画面隅」「デスクトップ」が機能しなくなる不具合修正
  • 音量バーをポップアップ表示したときマルチモニターの画面を跨いで表示しないように修正
  • アイコンを先読みするように変更

ver.1.4.1(2011/11/28更新)

  • Windowsキーに対応
  • 「起動処理待ち時間」を設定すると待機中に高負荷がかかる不具合修正
  • タスクトレイアイコンをクリックしたあとにツールチップが表示されるように改善
  • 二重起動時に注意メッセージをバルーンヒントで通知するように改善
  • DLLとEXEアイコンに対応
  • 画像サイズが16x16以上のアイコンに対応

ver.1.4.0(2011/11/20更新)

  • ICOとPNGに対応(仕様変更に伴い旧スキンとの互換性はありません)
  • オプション画面からアイコンを変更できるように改善

ダウンロード

  • インストーラ版

    「Program Files」フォルダ以下にインストールを行うときはインストーラ版のダウンロードを推奨します。簡単にインストールが行えるので、初心者の方にもお勧めです。

  • ZIPアーカイブ版

    適当なフォルダにインストールする場合、USBメモリ等のリムーバブルメディアにインストールする場合は、ZIPアーカイブ版のダウンロードを推奨します。ごみ箱に捨てるだけでアンインストールが行えるので、気軽に試してみたい方にもお勧めです。

※その他の掲載サイト … Seesaa Download / Vector

inserted by FC2 system