スポンサーリンク

インストールについて

インストールは「TrayVolume.zip」を解凍して、適当なフォルダにコピーしてください。

※Windows XP SP2 以降では、インターネット上からダウンロードしたファイルに、ZoneIDというセキュリティ情報が付加されるようになり、この情報がchmファイルに付加されると、セキュリティが働いてヘルプが開けなくなることがあります。この症状は、ZIPファイルの解凍にエクスプローラの「圧縮フォルダの展開ウィザード」を使用した場合も同様に発生します。ヘルプが開けない場合は「GesPlayer.chm」ファイルを右クリックして「プロパティ」を選択し、「ブロックの解除」ボタンをクリックして「適用」ボタンをクリックしてください。詳しくはマイクロソフトサイト「HTMLヘルプファイルを開けない」をご参照ください。

常駐設定

Tray Volumeを常時使用する場合は、オプションの「ログオンしたときに自動的に起動する」にチェックを入れてください。PCを起動するたびに自動的にTray Volumeが起動するようになります。

標準音量アイコンの消し方

Tray Volumeの使用に伴い、Windows標準の音量アイコンは不要になるかと思います。標準の音量アイコンを非表示にしたい場合は、下記の操作を行ってください。

Windows 2000/XP

  1. 「スタート」ボタンを押して「コントロールパネル」を選択し「サウンドとオーディオデバイス」を起動します。
  2. 「音量」タブをクリックして「デバイスの音量」項目の「タスクバーに音量アイコンを配置する」のチェックを外します。
  3. 「OK」ボタンを押すとアイコンが消えます。
  4. 再び表示したいときは、チェックを入れて「OK」ボタンを押してください。

Windows Vista

  1. 「スタート」ボタンを右クリックしてメニューから「プロパティ」を選択します。
  2. 「通知領域」タブをクリックして「システムアイコン」項目の「ボリューム」のチェックを外します。
  3. 「OK」ボタンを押すとアイコンが消えます。
  4. 再び表示したいときは、チェックを入れて「OK」ボタンを押してください。

Windows 7

  1. タスクバーの通知領域の左端にあるシェブロン(▲)をクリックし、メニュー内の「カスタマイズ」をクリックします。
  2. 「システムアイコンのオン/オフ」をクリックして「システムアイコン」に切り替えます。
  3. 「音量」の動作を[オフ]に選択して「OK」ボタンを押すとアイコンが消えます。
  4. 再び表示したいときは、「オン」を選択して「OK」ボタンを押してください。

バージョンアップについて

バージョンアップは「TrayVolume.zip」を解凍して、既存のフォルダに「TrayVolume.ini」以外のファイルを上書きコピーしてください。「TrayVolume.ini」を上書きした場合、設定が初期化されます。

アンインストールについて

アンインストールはフォルダごと削除してください。「ログオンした時に自動的に起動する」にチェックを入れた場合は、チェックを外してからアンインストールを行ってください。もしくはスタートアップフォルダの中のショートカットファイルを削除してください。尚、レジストリは一切使用していません。

ダウンロード

ファイル:TrayVolume.zip (約1MB)

inserted by FC2 system